「文章題ビュッフェ」

算数文章題(加法・減法・乗法・除法)で立式(演算を選択)するのが困難な子ども向けの個別教材作成ソフトです。任意の文章題6問をA4用紙に印刷できます。
★問題種類
たし算5種類(合併・増加・求大・減少前推論・逆求小)
ひき算8種類(求残・求補・求差・求小・増加前推論・減少数推論・増加数推論・逆求大)
かけ算1種類
わり算2種類(等分除、包含除)
の計16種類の中から任意の6種類を選べます。
2種類ぐらいを混ぜて比較しながら解くことでそれぞれの種類の特徴をとらえるようにします。

★問題レベル
基本:基本の問題
発展:問題文に立式に不要な数が含まれる、問題文の単語を頼りに立式していると間違えるなどの問題が出題されます。

★数レベル
問題・答えで使われる数レベル(範囲)を変えることができます。
レベル1:5まで(片手の範囲であるので問題の内容をイメージしやすい)
レベル2:10まで(加減ではくり上がり・くり下がりを使わない、かけ算では九九の範囲で解ける)
レベル3:20まで(加減では、くり上がり・くり下がりの範囲で解ける)
レベル4:二桁の数(筆算を使って計算する)
レベル5:割り切ることができる1位数同士(九九の学習レベルでかけ算かわり算かを考えさせる)
レベル6:割り切ることができる2位数と1位数の組
レベル7:割り切ることができる2位数同士
レベル1、2で具体物の操作でイメージ化させて、レベルを上げて抽象的思考ができるようにします。

★使い方
ダウンロードすると下のような選択画面が出ます。
パターン名のリストから、出題したい問題パターン名を「問題種類」にコピー&ペーストします。
問題レベルはドロップダウンリストから、基本・発展を選びます。
数レベルは枠に1~7の数を入れます。
印刷ボタンを押すと下のような問題用紙が印刷されます。

エクセルで作ってあるので、「F9」を押す事で同じレベルの問題を何通りも作ることができます。
定着するまで何度も練習する事ができます。
チェック問題
子どもが苦手な文章題のパターンを調べるチェック問題です。計算レベルの違いでA,B,Cの3種類があります。ここで苦手なパターンをチェックし、下のバイキング問題でその問題を集中的に練習させます。







































































































カウンター